プロミス アルバイト・パート

プロミスはアルバイト・パートでも借入可能

プロミスは消費者金融業界大手で、いろいろと借り手にとって便利なサービスがあるため、多くの方が利用しています。

 

このプロミスをアルバイトやパートの方が利用できるのか?という事ですが、ズバリ利用することが可能です。

 

プロミスの申し込み条件として次の2つの条件があります。

  1. 年齢20歳〜69歳の方
  2. 本人に安定した収入のある方

 

となっています。ですので、未成年のアルバイトの方が利用できませんが、上記の年齢に当てはまるアルバイト・パートの方ならば利用することが出来るのです。

 

安定した収入というのは正社員というだけではなく、アルバイトやパートとして働いているのでも問題ありませんからね。

 

ですので、プロミスはアルバイトやパートの方でも利用することが出来るという事になります。

 

もちろん審査がありますので、すでに他社で総量規制の範囲内を借りている方や、過去に金融事故を起こした方、他社のローンを延滞中の方などは審査に落ちる可能性が高いです。

 

消費者金融などからお金を借りるのが初めてという方は、審査に問題ない可能性が高いので、通るか可能性も高くなるでしょう。

 

ちなみに、総量規制は年収の3分の1までしか借りれないというもののことです。

 

アルバイトやパートの収入が月々5万円だったとすると、年収は60万円になり、マックスで借りれる金額は3分の1の20万円という事になります。

 

必要書類

プロミスの申し込みに必要な書類は以下になります。

 

本人確認書類
  • 運転免許証

 

運転免許証を持っていない方は、

  • パスポート
  • 健康保険証+住民票

 

収入証明書

希望の借入額が50万円を超える方や、希望の借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える方は収入証明書類が必要となります。

 

収入証明書類は以下のようなものがあります。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

運転免許証などの本人確認書類はすぐに用意できるけど、収入証明書はすぐに用意できないという人もいるでしょう。給与明細書とか源泉徴収票を捨てちゃってる人もいるでしょうから。

 

ただ、そもそもアルバイト・パートとして働いている場合、総量規制がありますので50万円を超える金額を借りれる人はかなり少ないでしょう。

 

総量規制から考えると最低の年収で150万円を超える必要があり、月に125,000円を超えるのアルバイト収入が必要という事になりますからね。

 

これだけの収入のない方は希望の借入額が50万円を超えていたとしても、年収の3分の1以上は借りれませんので年収の3分の1の金額を書いておきましょう。それならば収入証明書は必要ありませんからね。

 

また、50万円を超える金額を借りれる収入のあるアルバイト・パートの方も、すぐに収入証明書類が用意できないのならば、希望の借入額を50万円以下にしておくと本人確認書類だけで行けますので、50万円以下にしておいたほうが急いでいる場合も大丈夫です。

 

 

在籍確認は必須!

プロミスは申し込みして審査を受ける際に在籍確認は必須となっています。

 

この在籍確認が気になっているというアルバイト・パートの方もいるかもしれませんが、在籍確認は必ずあると思っておいてください。

 

ただ、在籍確認で心配なのが「会社にバレないか?」という事だと思いますが、在籍確認から会社にバレるという可能性は少ないでしょう。

 

在籍確認は「プロミスですが○○さんいらっしゃいますか?」と連絡があるのではありません。

 

個人名で「松本ですが○○さんいらっしゃいますか?」と連絡がかかってきます。個人名なのでどこからかかってきたかは分からないのです。

 

この在籍確認の際に、実際に本人がその場にいなくて電話に変わることができなかったとしても、「今席を外しています。」という事で在籍しているという事自身が分かれば大丈夫です。

 

在籍確認は必ずあり在籍確認が取れないと審査に通りませんので、在籍確認をスムーズにいかせるためにも、アルバイト・パート先で電話対応をしている人に、在籍確認の電話があるという事を伝えておいても良いでしょう。

 

消費者金融のプロミスからの在籍確認といわなくても、クレジットカードを作る際にも在籍確認はありますので「クレジットカード会社からの在籍確認がある」という事を伝えておくと怪しまれずに済みますね。

 

あと、派遣でアルバイトやパートをしているという場合は、派遣されている職場にかかってくるのではなく、派遣会社の方に在籍確認があります。

 

派遣会社は多くの人が登録しているため、電話対応をした人が在籍している旨を伝えれない可能性もあります。

 

ですので、派遣会社で勤めている場合も在籍確認があるという事は伝えておくようにしましょう。

 

プロミスの特徴

すべてWebで完結

プロミスの大きな特徴として、すべてWebで完結することが出来て、郵送物もなく利用することが出来るという事です。

 

消費者金融でお金を借りる人にとって心配なのが「家族にバレないか?」という事だと思います。

 

アルバイトをしている学生の方ならば親にバレたくないでしょうし、主婦をしながらパート勤めしている方は旦那さんにバレたくないという事もあるでしょう。

 

いくら家族といえども、お金のことに関してはバレたくないですからね。

 

その、「バレる?」という点で気を付けないといけないのが「郵送物」です。

 

申し込みに関してはスマホから申し込みできるのでバレる可能性はないですが、郵送物に関してはいくら消費者金融名を書いていなかったとしても、勝手にみられるという可能性もあり得ます。

 

勝手にみられなくても不審がられる可能性もあります。

 

この郵送物ですが、基本的にはまず家にカードが送られてくるようになります。提携ATM等で利用してキャッシングするためのローンカードですね。

 

でもプロミスの場合、ネットで申し込みして口フリ(口座振替)による返済を選択することにより、カードが送られてこないのです。

 

カードが送られてこないのならばどうやってキャッシングするの?という疑問があるかもしれませんが、自分の持っている銀行口座へ振込キャッシングをしてもらうこともできますし、スマホにプロミスのアプリをダウンロードしてセブン銀行ATMでキャッシングすることもできるのです。

 

ですので、プロミスのすべてWebで完結できるというのは、アルバイトやパートの方にとってメリットは大きいでしょう。

 

30日間無利息

プロミスはプロミスと初めて契約するという方で、Eメールアドレスを登録して、書面の受け取り方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択することにより、初回利用の翌日から30日間無利息で利用することが出来ます。

 

お金を借りることのデメリットとして、利息を支払わないといけないという事がありますが、このプロミスは上記の条件を満たせば30日間無利息で利用できるのです。

 

30日間はタダでお金を借りれるという事になります。

 

この30日間の間に完済することが出来れば、一切利息を支払わずに借りれたという事になりますね。

 

こういった無利息ローンは他社も扱っていることがありますが、プロミスは「初回利用日の翌日から」というのがポイントとなっています。

 

他社の無利息ローンの場合「契約日の翌日から」となっているので、すぐに利用せずにしばらくしてから利用する場合でも、すでに無利息期間はカウントされてしまっているのです。

 

無利息期間後に利用すれば、すでに無利息期間は無くなっているという事になります。

 

その点、プロミスは初回利用の翌日からですので、しばらく経ってから利用した場合でもその日の翌日からなので無利息期間に無駄がありません。

 

といったように、プロミスの無利息ローンは他社の無利息ローンと比べてもメリットが大きいです。

 

カンタン入力とフル入力申し込み

プロミスのネット申し込みは少ない入力項目で、あとは電話で確認するようになる「カンタン入力」と、Web上ですべての手続きが完了する「フル入力」申し込みが用意されています。

 

スマホなどでの文字入力が苦手という方は「カンタン入力」での申し込み、電話でのやり取りは煩わしいという方は「フル入力」での申し込みを利用するといいでしょう。

 

page top